works

 

1930年代から1950年代にかけての日本文学を主たる対象とし、文学と隣接する、あるいは文学を包摂する諸領域(歴史、思想、教育、出版メディア等)と、文学との関わりについての考察を行っています。近年は特に、占領期の雑誌文化と戦後文学の展開との相関について考えています。

詳細な研究業績についてはresearchmapをご参照ください。

 

 

■共同研究について(2016年度~)

 

科学研究費助成金(基盤研究B)

「占領期ローカルメディアに関する資料調査および総合的考察」

 

活動の記録は、こちら